« 2011年10月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

歴史に残る2111年

 2011年の大晦日を迎えた。今年は多分日本の歴史、いや世界の歴史に大きく記録される出来事があった。
3・11の東日本大震災、M9.0の大地震、大津波、それに伴う福島原発の事故、放射性物質の拡散。
 夏は洪水(日本やタイ等)、中東の独裁政権の崩壊(チュニジア・エジプト・リビア等)はこれまた世界を激震させた。
 ギリシャの経済危機からヨーロッパのユーロ不安、超円高等、これからの日本の針路に不安材料が山積している。 年末のニュウスは独裁軍事政権の北朝鮮問題と。      
今年の漢字は『絆』 2012年こそ平和な落ち着いた年であるよう祈念したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

師走を迎えて

 今年もいよいよあと一か月となる。3月11日の東日本大震災から約9か月近くにもなる今日の新聞報道を見てまたまた不安を感じることばかりだ。福島原発1号機のメルトダウンで圧力容器をつきぬけて核納容器の底深く融かしているとのこと、安定して廃炉まではまだまだ不安がいっぱいだ。

 12月を迎えた今日は急に真冬日になる。昨日は暖かく好日、群馬県富岡市の自然史博物館と富岡製糸場を見学してきた。自然環境のこと、近代日本の産業のことなどいろいろと考えさせらることが多くあった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2011年10月 | トップページ | 2012年1月 »