itonoko.cocolog-nifty.com > 糸鋸工作・作品

002_640x639_2

002_640x639_2

干支の申(さる) だっこサル


021_640x480

021_640x480


001_640x480_2

001_640x480_2

干支の申 サルの家族


131_800x600_573x509

131_800x600_573x509

円形ヒツジ


128_800x600_2_590x519

128_800x600_2_590x519

ヒツジ スクエアー


126_800x600_610x491

126_800x600_610x491

干支の未 ヒツジの親子


干支の午(ウマ)

干支の午(ウマ)

ウマのカップル  山桜材でひく


三頭の馬

三頭の馬

横に並んだ三頭の馬をカツラ材でひく


ウマの親子シーソー

ウマの親子シーソー

厚板のカツラ材ひいたウマのシーソー


ウマの親子

ウマの親子

ウマの親子 児童に干支の「組み木絵」として指導したデザインです。このデザインは小黒三郎氏のものです。


二ひきの巳

二ひきの巳

 電動糸鋸で二匹のヘビ(巳)を挽いてみました。


巳の親子

巳の親子

 干支のヘビ(巳)は曲線の連続的なひき作業です。


2013年の干支は癸巳

2013年の干支は癸巳

2013年の干支の巳を作ってみました。


Pict0489 二羽のウサギ

Pict0489 二羽のウサギ

 2011年の干支のウサギを作ってみました。


Pict0485 三羽のウサギ

Pict0485 三羽のウサギ

 平成23年(2011年)は辛卯(かのと う)辛のうさぎ年になります。


Pict0484 干支のうさぎ

Pict0484 干支のうさぎ

 木材に杉と桂をつかい製作しました。


Pict0003_3 干支のトラ

Pict0003_3 干支のトラ

寅年のミニプレートを作る。これでも20回も糸鋸の刃をさしかえする作業でした。


Pict0049ウシの親子

Pict0049ウシの親子

 今年は干支が己丑といううことでウシの「組み木」を年賀状にのせました。


Pict0043 ウシの親子

Pict0043 ウシの親子

 干支はウシということで「動物組み木」のウシを制作しました。


Pict0151 牛車雛

Pict0151 牛車雛

 堅い楢の木で牛車に乗る雛人形、両脇には右近の橘、左近の桜を添える。


Pict0149 牛車びな

Pict0149 牛車びな

牛車に乗った雛人形です。


Pict0145 どんぐり雛

Pict0145 どんぐり雛

 シーソーのように左右にふれる雛人形です。


Pict0187 リスの家族

Pict0187 リスの家族

 大きな尾の親リスと 仔リスの組み木です。


Pict0183 三頭のカバ

Pict0183 三頭のカバ

 大きくあけた口が面白いデザインです。


Pict0182 三頭のライオン

Pict0182 三頭のライオン

 三頭を横並びに組むこともできます。


Pict0179 3頭のライオン

Pict0179 3頭のライオン

 顔の部分は自由に変えられます。並べ方は自由です。


Pict0178 タコの親子

Pict0178 タコの親子

 曲線の美しさがねらいでした。


Pict0177 立体パズル

Pict0177 立体パズル

 スタンディングパズル 8匹の動物を切り抜いた立体のパズルです。8ピースと数は少ないが表裏があるので組み方はかなり難しいです。


Pict0175 スパイスのスタンド

Pict0175 スパイスのスタンド

 犬の尾を動かすと頭をふります。頭を抑えると尾っぽをふります。食卓テーブルに置いたら楽しいでしょうか。けっこう制作時間がかりました。


Pict0174 ダックスフンドのスパイス入れ

Pict0174 ダックスフンドのスパイス入れ

糸鋸で挽いた木片でスパイス入れを工作する。


Pict0028 登り人形・ ピエロ

Pict0028 登り人形・ ピエロ

 子供の玩具です。下の二本の糸を交互に引くと人形のピエロが登りだします。
日本にはあまり見かけない遊びです。


Pict0015_1 ネコ好き

Pict0015_1 ネコ好き

 数年前にこんな作品も作りました。


Pict0013 後方につるした登り人形

Pict0013 後方につるした登り人形

 糸の後方の先を交互に引くとピエロやお猿が登りだします。日本ではあまり見かけない玩具です。 


Pict0197 組み木絵・フォックステリア

Pict0197 組み木絵・フォックステリア

 何枚かの板を張り合わせて 切り抜き組み合わせました。材質の異なる板が組めるので面白い絵になります。


Pict0194 八匹のネコとネズミ

Pict0194 八匹のネコとネズミ

 ケヤキの厚板を使用しました。このように離してみるとまた違う感じになります。デザインは組み木作家の小黒三郎氏によるものです。


Pict0192 八匹のネコとネズミ

Pict0192 八匹のネコとネズミ

 制作は小生ですが、小黒三郎氏がデザインした素晴らしい組み木です。8匹のネコとネズミを自由にバラバラにして飾ると愉快です。


Pict0023 ネコの家族

Pict0023 ネコの家族

 七匹のネコの組み木です。エンジュという堅く色の濃い材料です。
小黒三郎氏のデザインによります。


Pict0020 犬の家族

Pict0020 犬の家族

 6匹のイヌを一枚の板で切りました。タモという木材を使いました。組み木ですから
自由にイヌを離して飾ることができます。


Pict0018_ 雨やどりのコアラ 

Pict0018_ 雨やどりのコアラ 

エンジュという堅く色の濃い木材を使いました。


Pict0016 五匹のネコとネズミ

Pict0016 五匹のネコとネズミ

 材料はケヤキの厚い板を使用しました。小黒氏のデザインです。


Pict0009_1 ネコの親子

Pict0009_1 ネコの親子

 デザイナー小黒三郎氏の元図ですが私のお気に入りの一つです。
材料はブナの板です。


Pict0006_ ドッグハウス

Pict0006_ ドッグハウス

 一枚の板を中抜きという工法で作ります。


Pict0004_ フクロウ

Pict0004_ フクロウ

 傾斜挽きという技法で凹と凸を表現しました。シーソーのように揺れます。


Pict0003_ ニワトリとヒヨコ

Pict0003_ ニワトリとヒヨコ

カバという材料を使用しました。同じデザインで切り抜いても使う木材により、別な感じのものになります。


Pict0014_1 4匹の子ネコとネズミ

Pict0014_1 4匹の子ネコとネズミ

 ケヤキの板を使い、オイルで塗装し木目を生かしました。以下デザインは小黒三郎氏のものです。


Pict0012 カエル三匹

Pict0012 カエル三匹

 大小三匹のカエルを横並びに切ってみました。


Pict0011 三匹の子ネズミ

Pict0011 三匹の子ネズミ

 厚いケヤキの板で作りました。オイルステイン塗装で木目を強調してみました。


Pict0009 五羽のペンギン

Pict0009 五羽のペンギン

 小黒氏によるデザインです。


Pict0008 ネコの小作品

Pict0008 ネコの小作品

 2匹のネコと3匹のネコ


Pict0007 チワワの親子

Pict0007 チワワの親子

 クリの木を使って小さく切り抜きました。耳の大きな子犬は
なんとも可愛らしいです。


Pict0006 5匹の子豚

Pict0006 5匹の子豚

切り易いシナに板を使っての組み木です。


Pict0004

Pict0004


Pict0003_1 フオックステリア

Pict0003_1 フオックステリア

 素材は厚いケヤキです。


Pict0002  チンの親子

Pict0002  チンの親子

 エンジュという堅い木です。全長が5cmほどのごく小さい作品にしました。


Pict0001 チン

Pict0001 チン

 ナラ材の木目がおもしろく出ていると思います。


Pict0018ユウカリの中のコアラ達

Pict0018ユウカリの中のコアラ達

木材はむくの欅です。木目を意識して切り出しました。


Pict0015 ユウカリの中のコアラ親子

Pict0015 ユウカリの中のコアラ親子

ユウカリの中のコアラ親子・欅の厚板の木目を縦にしてミシンで切り出しました。
コアラの鼻に少し色をつけましたがいかがでしょうか。


Pict0014 ユウカリとコアラ

Pict0014 ユウカリとコアラ

 ケヤキの木目を横にして切りました。デザインは小黒三郎氏のものです。
シンプルでお気に入りの作品です。


Pict0013フクロウの親子とミミズク

Pict0013フクロウの親子とミミズク

糸鋸ミシンもステージ(板をおく台)を傾けて切り出すとこんな凹凸ができます。


Pict0005 クラシックの自転車

Pict0005 クラシックの自転車

糸鋸刃を200回以上も差し入れ替えしての面倒な作業でした。自分に努力賞をと、いいたいところです。


Pict0003今年はイノシシ亥年

Pict0003今年はイノシシ亥年

亥の年で三匹のイノシシです。